《自己破産》同時廃止事件と管財事件※失敗しない債務整理

自己破産手続きの流れとしては、破産の申立を行い、財産がほとんどなければ同時廃止事件として破産手続はすぐに終了します。
もし換金して債権者に分配できる財産があるならば管財事件となり、分配手続きが行われます。
このあとに裁判所によって免責の審理が行われ、免責となれば晴れて借金は帳消しになるというわけです。

同時廃止は手続きの開始と同時に手続きが終了するため、専門家に依頼せずともひとりで手続きをすることが可能です。
自己破産の申し立てを行わなければならない状況に陥っていますから、既にめぼしい財産がないという人も多く、個人の自己破産のほとんどがこの同時廃止事件となっています。

一方で管財事件は債権者集会など様々なステップを踏みつつ、財産を換金し、債権者に分配するという手続きを進めなければいけません。
場合によっては1年以上の時間がかかり、50万円もの予納金を納めなければならないなど費用負担も重くなります。
これを個人で全て行うのは不可能に近いため、管財事件になった場合、弁護士などに手続きを依頼する必要があります。

弁護士に依頼した場合は予納金の額が低くなることもあるため、持ち家や新車同然の自家用車がある場合などはぜひ弁護士に相談したほうがよいでしょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら