任意整理をしたらクレジットカードは持てない?~まるわかり解説~

借金の問題を解決できるのが債務整理ですが、債務整理の中でも任意整理はメリットが多いと言われています。
任意整理は自己破産のように、土地などの財産を差し押さえられる事もありませんし、裁判所を通さず弁護士や司法書士が直接債権者と話し合いをするので、
話がスピーディーに進むだけでなく、ギャンブルなどの浪費で作った借金も問題なく整理できるのが魅力です。

 

しかし、任意整理を行った場合、自己破産や個人再生など他の債務整理と同じく、クレジットカードを持つ事ができません。
なぜ、クレジットカードを持つ事ができなくなるのかというと、債務を整理した事がブラックリストに載ってしまうからなんです。

 

ブラックリストは良く聞く言葉ですが、実際にブラックリストというリストは存在していません。
ブラックリストとは信用情報機関に登録された、情報の事を言います。

 

債務整理を行ったり、返済が滞ってしまうと信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。
信用情報機関に記載されてしまうと、信用が無くなりクレジットカードを作る事が出来なくなってしまうのです。

 

任意整理を行った場合、平均して約5年から7年ほどはクレジットカードを持つ事は出来ないとされています。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら