任意整理したら車のローンはどうなる?※簡単に解説!

任意整理とは?

任意整理は借金返済が困難になった場合に、消費者金融に支払うべき金利をカットして減額した債務元本を、債権者の了解のもとに約3年かけて分割返済していく方法です。

 

債務整理の中でも、一番前向きに生活再建ができ、裁判所に出向いて手続きをする必要がないので、円満な解決法とも言えます。
しかしひとりひとりに合った方法は異なります。自分に合った債務整理方法を選ぶ事がポイントです。

 


⇒【無料・匿名】借金解決シミュレーターはこちらから

 

任意整理したらどんなデメリットがある?

しかし任意整理と言えど、借金整理をした事実は記録として残されるので、それ相応のペナルティーは科せられます。

 

信用情報への記載

その代表的な例は、任意整理が事故記録として国内の信用情報機関であるJICCやCICに掲載され、約5年にわたり全国の銀行や消費者金融との債務取引ができなくなります。

 

ですから記録が掲載されている期間中は、新たに車を購入したい場合でも、ローン購入ができなくなり、極端な話ですが現金一括払いしかできなくなります。

 

信用情報機関の事故記録がクリアになるまでは、車や家などの大きな買い物は極力控えて、この間を利用してコツコツ必要資金を貯蓄しておくほうが賢明です。

 

任意整理後、車を購入したい場合

任意整理して5年経過した後でも、車がどうしても必要な時は、過去に取引履歴があった債権先でのローンは信用面の問題から避けておくのが無難です。

 

若干金利は高くなりますが、ディーラーローンは審査条件もまだ厳しくない方だと思われるので、任意整理後に検討してみる価値はあります。

 

あくまでローンが完済し終わるまでは、車の所有権はディーラーローンのクレジット会社ですので、二度と返済トラブルや交通事故を起こさないように心がけておきましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら