まずはじめに…

債務整理したらどうなるの?

そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

 

専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!

無料相談ができるおすすめの弁護士事務所

弁護士法人RESTA法律事務所
依頼するまで何度でも相談無料!!

初期費用¥0
後払い可能/分割払い可能
365日/24時間いつでも受付対応


⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

→《無料電話相談》0120-501-605

 

専門家の話を聞いてみると知識が深まり、視野も広がるのでおすすめです!!
無料なので損はしません!相談が早期解決の近道です!!

 

債務整理は弁護士か司法書士どちらに依頼すればいい?

債務整理を行う際、専門家に依頼することでスムーズに事態を解決させることができます。

 

債務整理というと、弁護士に依頼するというイメージがありますが実際には司法書士に依頼することも可能です。

借金を整理したいとお考えの方は、弁護士がいいのか司法書士がいいのか、この時点で迷ってしまいますね。

 

債務整理の依頼先を選ぶポイント-まとめ-

借金総額

借金額が140万以上(1社あたり)の場合、司法書士は交渉することが出来ません。
弁護士は制限がありません。

債務整理の方法

司法書士は書類作成代理人であり、本人の代理人は務められないというのが原則です。

 

司法書士ですと書類の作成はできるものの、制限が出てきてしまいます。
自己破産・個人再生の場合、手続き中に裁判所にて一緒に法廷に出廷することはできません。

費用

費用は、司法書士のほうが安いです。
弁護士に比べて司法書士のほうが出来る事が限られているためです。

 

このように、債務整理の方法や借入総額によって、弁護士に依頼するのか司法書士に依頼するのか決めていくことになります。

 

⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら

 

借金整理の際の司法書士と弁護士の違いについて-解説-

債務整理を司法書士に依頼する場合

【債務整理】司法書士の費用

司法書士の方が安い費用でお願いすることができます。
司法書士へ支払う報酬が、弁護士に依頼するより安上がりで済むのは上記で述べたように、債務整理の方法によってはサポートできる仕事の部分が弁護士よりも若干少ないからです。

 

【債務整理】司法書士のデメリット

ただし、司法書士は借金の総額が1社あたり140万以上の場合、返金に関する交渉ができなくなりますので、この点は注意しておく必要があります。

 

また、裁判所にて一緒に出廷してもらうことができないので、自己破産・個人再生の際は少し心細い思いをするかもしれません。

 

逆に140万未満の借入総額であったり、任意整理などの裁判所を通さない債務整理の方法を選択するという時には、司法書士に依頼してみるとよいです。

 

債務整理を弁護士に依頼する場合

【債務整理】弁護士の費用

やはり司法書士よりは高くなります。

  • 借金の総額が140万以上
  • 忙しくてあまり裁判所に出向けない
  • 費用がかかってでも任せたい

という方や、自己破産などの裁判所を通す方法での債務整理を検討されている方は、弁護士に依頼するのが適していると言えるでしょう。

 

【債務整理の手段別】弁護士・司法書士どちらに依頼すべき?

任意整理

例えば、任意整理する例から見ていきます。
平成15年から司法書士は、借金に関する交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められるようになり、債務整理全般を弁護士と同じように請け負うことが可能になりました。

 

但し司法書士には借金を整理できる額に条件がついており、貸金業者1社で抱えている借金額が140万円以下であれば、債務者を全面協力できるようになっています。

 

特定調停

また簡易裁判所に申立てる任意整理(特定調停)においても、債務者の代理人になって、借金弁済に関する和解交渉を債権者とできるようになりました。

 

しかし弁護士の場合は、司法書士のように借金整理する金額に上限が設けられていないので、どんな案件に関しても代理人を担当できる権限があります。

 

自己破産・個人再生

どんな債務整理の手段でも代理人になれる弁護士の権利が最も活用されるのが、地方裁判所に申し立てる自己破産や個人再生手続きです。

 

地方裁判所での訴訟代理権は司法書士に与えられていないのですが、弁護士ですと、申立人の代理になって裁判所での数回にわたる審尋や債権者集会などに同席する事ができます。

 

特に自己破産手続きにおいては、弁護士が代理で破産を申請すれば、即日で破産手続きの開始決定が下される事が多く、借金返済が免除になる道が大きく開かれます。

 

もし自己破産や個人再生を考慮するなら、少々高額でも弁護士に手続き依頼するほうが効率的でしょうし、書類作成だけでも司法書士に助けてもらえます。

 

まずは自分の借金状況が、どの債務整理の種類だと解決しやすいのか見極めてから、手続き依頼を弁護士にするか司法書士にするかを決めても良いでしょう

自分に合った債務整理方法は?

※自分に最適な債務整理方法を選ぶことがとても大切です。
まずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士事務所の選ぶ際のポイント

知識・経験・実績

弁護士事務所はいろいろな業務をやっている所が多いですが、借金問題に特化した事務所だと知識・経験が多いと思うのでオススメです。
また、実績があるとさらに良いです。

 

費用と支払い方法の明示

ひとりひとりによってケースが違うので、自分の場合はいくらかかるのか?確認しておきましょう。
また、支払い方法も要チェックです。
初期費用¥0・後払い・分割払い可能な所がオススメです。

 

無料相談を受付けている

無料相談を受け付けている所だと、相談だけすることも可能なので、足を運びやすいでしょう。また、電話相談やメール相談を受け付けている所だとさらに利用しやすくて良いと思います。

 

以上の条件に満たした、定評のある事務所を2つご紹介します。

 

《無料相談》おすすめの弁護士事務所

無料相談申込み数多数!
弁護士法人RESTA法律事務所

相談は何度でも無料
初期費用¥0/後払い可能/分割払い可能
365日/24時間いつでも受付対応
メール・電話相談も受付中

 


⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

→《無料電話相談》0120-501-605

 

複数社からの借金整理に特化
借金お助け相談センター

初期費用¥0
分割払い可能
365日/24時間いつでも対応

 


⇒借金お助け相談センターに無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071